◎昨年まで予防されていた、あるいはこれまで予防して

 こなかったがこれから始めたい飼い主さまへ ◎

感染しているワンちゃんに予防薬を投与すると、具合が悪くなることがあります

予防薬の投与が途中で抜けてしまった、あるいは最後まで飲ませなかったという場合には、感染の可能性を考える必要があります

また、しっかり予防していたつもりでも、私たちの見ていない所で吐き出して隠していたり…ということもあります

 

毎年予防薬をお出しする際には、最初に少量の採血を行い、感染していないかどうか、しっかりと予防できたかどうか検査を行ないます(結果はすぐにでます)

怖がりさんで採血ができない、あるいは病院に連れてこれないといった場合にはご相談ください

 

【フィラリア症の予防】

 

フィラリア症とは、蚊によって運ばれる寄生虫が心臓に寄生することで血流が悪くなり、疲れやすくなったり咳や体のむくみ等様々な症状がみられる病気です

時には血管に寄生虫がつまってしまうことで突然急変してしまうこともあります

                                             

蚊の防虫のための製品は多々ありますが、蚊の数を減らすことは出来ても100%防御することは不可能です

フィラリア症は、おおよそ5月末~12まで月に1予防薬を投与して予防します

※投与期間は気温や地域などによって多少変化致します

 

当院では、

①フィラリア症予防ができる飲み薬【チュアブル(ビーフ・チキン味)、錠剤、粉剤】

②ノミの予防が同時にできるスポットタイプのお薬

③ノミ・マダニの予防を同時にできる飲み薬・おやつタイプをご用意しています

 

ワンちゃんの体質・予防時期・費用などを考慮して、選択して頂ければと思います

月に1度の予防ですが、患者さま・飼い主さまにとって、より簡単でストレスの

少ない方法を選んで下さい

 

また、フェレット・ネコちゃんのフィラリア症予防薬もございます

 

ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談下さい

 

 ◎成長期のワンちゃんの飼い主さまへ◎

体重によってお薬の量が変わります

成長期のワンちゃんは月に1度体重測定をおこない

体重に見合った量のお薬を処方いたします

 

◎予防される飼い主さまへ◎

年に1度の採血というワンちゃんがほとんどかと思います

この機会にフィラリアの検査だけではなく、健康検査の1つとして、血液検査(白血球数・貧血の有無・肝臓・腎臓・血糖値・コレステロール等)も同時にお勧めしております

また、ドッグドック(血液検査・レントゲン検査・超音波検査・ 便検査・尿検査等、組合せは自由です)も随時行なっておりますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせください