【避妊・去勢手術について】

  

避妊・去勢の手術をなさるかどうかは多くの飼い主さまが1度は悩まれることだと思います。

確かに、健康な子に麻酔をかけて手術を行うのはかわいそうで抵抗があると思いますが、高齢になって(病気になって)から手術を行うのは危険を伴います。

当院では望まれない妊娠を避けるためだけではなく、病気の予防のため、また問題行動の予防・改善のために若くて元気のある時期に手術をなさることをおすすめしています。

 

【避妊・去勢の時期】

ワンちゃん・ネコちゃん共に、生後半年以上を目安に行なっております。

 

【避妊手術のメリット】

当院では子宮と卵巣の両方を摘出する手術を行っております。そのため、高齢の子に多くみられる子宮の病気や卵巣の病気を防ぐことができます。

また、発情期のストレスにさらされることがなくなるので、ワンちゃんネコちゃんの健康にも繋がります。

 

◎ワンちゃんの場合

初回発情前(もしくは1回目の発情の後)に避妊手術を行うと、乳腺にできる腫瘍の発生率を抑えることができます。また発情出血がなくなることにより、お家のなかを汚してしまうこともなくなります。

 

◎ネコちゃんの場合

発情期にオスのねこちゃんを求めて大きな声で鳴いたり、外に出たがったりすることがなくなり、精神的に落ち着きがみられるようになります。

 

【去勢手術のメリット】

両方の精巣を摘出します。この手術は基本的にお腹を開くことなく行うので手術時間も短く、その日のうちに退院することができます。

※但し、陰睾(お腹の中や皮下に精巣が残ったまま)の場合を除きます。

 

◎ワンちゃんの場合

精巣自体が腫瘍化したり、前立腺の病気の一部、肛門のまわりにできる腫瘍の一部といった病気を防ぐことができます。

また、マーキング、人や物に対するマウンティング、攻撃行動の予防改善が期待できます(すでに習慣になっている場合は改善しないことがあります)

 

◎ネコちゃんの場合

強烈なニオイの尿をいろいろな所にかけるスプレー行為や、他のネコちゃんとのケンカ、メスのネコちゃんを求めて外に出たがったり、大きな声で鳴いたりする行動が少なくなります。

 

【避妊・去勢手術のデメリット】

一般的に避妊・去勢手術を行うと、代謝等の変化により太りやすくなるといわれていますが、適切な食事と運動によって肥満を予防することが可能です。

 

【手術に関して】

手術の際には、全身麻酔が必要となります。

 

当院では、ワンちゃん・ネコちゃんの去勢・避妊手術の際には、年齢を問わず

術前検査(血液検査・胸部レントゲン検査・心電図検査)を行ない、異常が無いか確認させていただいた上で、手術を行っております。健康な子の手術(急ぐ必要が無いもの)に関して、術前検査で問題が見られた場合は飼い主様の強いご希望が無い限りは、問題の改善を行ってから手術をしております。

 

術前検査は、基本的に手術の当日に行っております。

怖がりさんで術前検査を行うことが不可能な場合や、 術前検査を希望されない場合は、ご相談下さい。

 

手術をなさるときは、さまざまなご不安があるかと思います。気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。